ニュース

    2015年08月10日

    コナミスポーツクラブ体操競技部選手が、子ども向け体操教室を実施

    『コナミスポーツクラブ夏休み体操イベント2015 〜元気なカラダを作ろう〜』

    株式会社コナミスポーツ&ライフは、8月8日(土)10時からコナミスポーツクラブ体操競技部体育館(埼玉県草加市)で、同競技部の選手たちによる体操イベント「コナミスポーツクラブ夏休み体操イベント2015 〜元気なカラダを作ろう〜」を開催しました。

    国内外の大会で活躍するコナミスポーツクラブ体操競技部の選手たちがコナミスポーツクラブの子ども向け運動スクール「運動塾」に通う子どもたちと体操教室で触れ合い、カゴメ株式会社の協力による食育イベントで子どもたちと一緒に学びました。

    ロンドンオリンピック体操個人総合金メダリストの内村航平や、10月に開催される世界体操選手権への出場が決定している田中佑典を交えて、体操教室を実施。前転や倒立のやり方を手取り足取り教えながら、子どもたちと楽しく交流しました。

    その後、選手と子どもたちは、“野菜のチカラを知ろう”と題したクイズ形式で学ぶ食育イベントに参加。野菜の大切さを勉強するこのセッションで子どもたちは選手と一緒になって解答を考え、「野菜のチカラ」について学びました。また、最後の問題に正解した7名の子どもたちには、選手たちのサイン色紙をプレゼントするというサプライズも。

    最後は10月に行われる世界体操選手権へ出場する内村航平と田中佑典に向けて、子どもたちから応援メッセージが送られると、「今年こそ団体で金メダルを獲ることが目標です。」(内村)、「みんなの見本になるような美しい体操で金メダルを持って帰りたいです。応援よろしくお願いします。」(田中)と意気込みを語りました。

    イベントの感想を聞かれた内村と田中は「昔は野菜が苦手でしたが、社会人になってからバランス良い食事を取る大切さを知りました。今は野菜もしっかり食べています。」(内村)、「子どもたちと触れ合いながら体操の楽しさを知ってもらえる良い機会でした。」(田中)とコメントしました。

    image
    倒立のやり方を教える内村航平
    image
    子ども達と一緒に食育の勉強
    image
    子どもたちからの応援メッセージを受け取る内村と田中
    image
    子どもたちとハイタッチで退場
    ※本ウェブサイトの画像の無断複製・転載を禁止します。